QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 40人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年02月16日

ラ・ムーではありません。。


ハイ!あふりかです。

しんぶぅぅん〜
恐怖新聞が定着してきましたw

さて、昨晩はMagpul、今晩はMagpulを去りました
クリス・コスタがKACを振って仲良しになりました。。

LaRue Tacticalです。

LaRueはコスタを上手いこと巻き取りまして。。





こーゆー新製品を発表しております。
$8,000?お高いのねw

ここで早くもお詫びですw

SHOT SHOW開催中、最も撮影に緊張感が走りましたのが
このLaRue Tacticalです。と言いますのもLaRue Tacticalは
昨今のアジア製コピー商品に非常に憤慨をしていまして写真撮影、
特にアジア顔の接近に大変神経質になっていました。
はっきり言って専門誌さんたちがチャンと撮影できたか心配なくらいです。
故に画像が非常に少ない事をご了承ください。

ブースに接近しプレスパスをこれでもかと掲げても非常におっかない顔で
スタッフが見ています。するとトモさんがブース右手に社長さんを発見。

「ちょっと話てきますね」



製品の説明を受けながら和やかに談笑。
一挙に緊張感がほぐれます。トモさん何者なんすか?w

「OKです。ショーケースの内側に来てください」

ええぇっ?どんだけぇ?w

あたくしシガナイWebショップの経営者にして、つまらないブログを
書いている者でございますがよろしいんですか?後でお金を請求されても
御座いません事よぉw

新製品の数々が並ぶ中、目指すはコスタエディションです。
初日から度々このブースにはコスタ目当てに訪れましたが、
当のご本人は同じくコスタを巻き取りましたNighthawkブースと
を行ったり来たりしていてとうとう会えず終いでした。
せめてコスタの名を冠するモデルくらい撮影しないと。



恐らく数多のブロガーでここまでこのモデルに接近し撮影した者は居ないでしょう。
更にアップを撮ろうとするとスタッフが怖い顔で

「Noーーー!」

LaRue嫌いになりましたw



和やかにスタッフを撮影するトモさん。
ビビってショーケース外側から撮影するあふりかw

腹が立ったのでカタログとかチラシとか一杯持ってきましたw


完全にアッパーとフォアが新規製作で
ボルトオンで連結してます。レイルも使用者の好みに合わせて必要な部分だけ取り付けます。
ここ数年、TroyやDD、KACでもこのタイプを作ってます。3ガンマッチの影響かなぁ。







惹かれませんw



アクセサリーはなかなか面白いです。
レールを取り付けない部分にボルトオンするカバー「GAPs」は表面にテクスチャー加工がされてて
滑り止めとなっています。昨晩のMagpulもXTMパネルのテクスチャー加工付きを発表してました。
OBRスリングアダプターも最近2ポイントスリング+QDスイベルの使用が増えてますんで納得です。

しかし、果たしてコスタの好みとか反映されてるんだろうか?

なんか聞くところによるとコスタ、非常に性格が良いとゆうか
お人好しのトコがあるみたいで頼まれるとホイホイOKしちゃうらしいんですよね。
これだけ有名人になってしまうと仕方のない事かも知れませんが、大明神には
身の回りに気を付けて欲しいと切に願います。

ほんじゃ!

以下宣伝乙!!
  続きを読む

Posted by あふりか屋 at 20:00Comments(1)あふりか道リターンズ

2012年02月16日

アダプティブ カラシュ!!




ハイ!あふりかです。

朝刊んんんん〜w

さて、昨晩の最後に引き続き、

宣伝乙!!

ですw

以下入荷絶賛発売中です。



Make Ready with Travis Haley/Adaptive Kalash


Make Ready with Travis Haley/Adaptive Carbine



Make Ready with Travis Haley/Adaptive Handgun

好評Make Readyシリーズ最新刊は恐らくMagpul Dynamicsがプレシジョンライフルの次に
リリースしたかったであろうカラシニコフインストラクションです。



トラヴィス好みのライトなカスタムAKがカッチョイイですw
AKマニュピレーションを学ぶも良し、カスタムAKに見惚れるも良しです。
そういえば本格的なカスタムAKが登場するDVDって。。。



伝説のDVD GUNNER VOL.5以来じゃないかなぁ。
コレ未だに「ありませんか?」って聞かれるんだけどさぁ。。
あんだけ買っとけと言ったでしょうがw

Make Readyシリーズは各¥3.980にて販売中です。

ついでではありますが。。。



Magpul Dynamics THE ART OF THE PRECISION RIFLE
販売価格¥8.500

絶賛販売中です。コスタ、トラビス、フィッシャーのそろい踏みが見られる最後のDVDです。

宣伝乙!!

でした。

ほんじゃ!  

Posted by あふりか屋 at 12:54Comments(0)宣伝乙!!

2012年02月16日

マグプルネタですw



ハイ!あふりかです。

しんぶぅ〜ん

真夜中に配達って恐怖新聞みたいでしょ?w

さて、恐らく月末には各専門誌さんが2012SHOT SHOWの様子を
リポートすると思いますが、今晩は全くのあふりか視点による

独断と偏見に満ちた

リポートをお送りいたしますw

本日はコスタもトラヴィスも居なくなりましたが

まだ冷蔵庫がいるぞでおなじみの

Magpulですw



当然マグプルのブースには初日に突入。
もう50m先から冷蔵庫ことS・フィッシャーさんが見えて
チビりそうになった あふりかw 記念写真後に銃を見に行きます。


事前に見ておいた情報によると、今回の新製品にはショットガン用アイテムがあるってんで早速直行。



結構ガシャガシャといじりましたがパーツ構成が良く判らんかったんで、現地から持ち帰った
Magpul 2012カタログを見ますと。。。









フォアエンド、ストック、チークパッド、バットプレート、スイベルリングの構成のようですね。
フォアエンドにはMOEハンドガード用フォアグリップやマウント類がスリットを利用して
取り付け可能です。従来の金属製レイルよりも軽量でライトやフォアグリップが装着出来ます。
これは結構売れるんじゃないかなぁ、向こうではねw エアソフトでもライブシェルで
電動並みの飛距離がある製品が欲しいです(ドサクサに紛れて欲しいモンリクエストw)


取敢えずショットガンアイテムは抑えたんで、次の新製品情報、

カービンストック数種とグリップを探しますが。。。



もうMagpulブースはこの状況。
終始人ごみが絶えず、

「オレニモサワラセロオレニモサワラセロ!!」

と混雑してましてロクに銃に近づけませんw

なんとか接近し最近全く製品チェックをしていなかったんで
記憶にないストックを探しますw





。。。コレは知らんなぁ
しかし確証なしw
カタログで調べますと。。



所謂CTRストックにCR123を入れる事が可能なバージョン。
あふりかもGBB M4にCTR付けてますけど、ブッチャケCTRのイイトコはあのスリムさにあるんで
このバージョンにはチンピクしませんw

ここでお詫びです。

人ごみに揉みほぐされていて現地で撮った画像がブレだらけですw
以降カタログ画像が続きますw
ACSからCR123収納スペースをとっ払ったヤツ。
フーンハナホジホジw

おおっ!コレは今までにありませんw
伸縮しないライフルストックですねぇ。
コレは画像があったような。。。

かろうじてw
20inchクラスのヤツにはヤハリ固定ストックがいいのかも。

完全にブースの展示銃からは新製品が探せませんでしたのでカタログからご紹介w
MOEグリップからバックストラップを無くしたタイプ。
コレ、帰りに寄ったガンショップでもう売ってましたが買いませんでしたw



TROYに浮気したもんで。


おおっ!!
コレイイw ハンドストップパネルはLaRueやGearSectorもやってますねぇ。
で、下のXTM、テクスチャー付きですか。。。



あふりかの毒ガスを吸うような努力は無駄になる訳ですね。 エエイーデストモサw で最後に。。

Magpul MS3スリング



宣伝乙!!w

ほんじゃ!  

Posted by あふりか屋 at 00:26Comments(0)あふりか道リターンズ

2012年02月09日

超個人限定SDT-WORKS柏木さん向けレポートw





ハイ!あふりかです。

さて、何日も発刊しなかったのに
何事もなかったかのように始めますw

えー、本日は超個人限定、

SDT-WORKS柏木様向けレポートです。
2012SHOT SHOWで見かけました今後の装備の方向性を
示すような製品をご紹介します。

柏木様、さりげなくネタバレしないように進行いたしますw

えーまず冒頭画像をご覧ください。

マルチカム迷彩でガッポガッポ儲けていますCrye Precision社。
Gearのみならずアパレル系にも強いメーカーですが、コチラは
プレキャリやチェストを装着中でもその上から着用が可能なHALFJAK。

装備装着状態から急に天候が変化し防寒着の着用に迫られた際に
着用が可能なジャケットです。裾がズリ上がらないように装備に固定する
フックが付いています。



Magpul DVD「Dynamic Handgun」にてコスタ、トラヴィス両氏が
使用していたJumpable Plate Carrier。
肩部分に非常に薄くて軽量な新素材を使用しており、
コンパクトに銃を構えた際、バットプレートがショルダーストラップに
干渉しにくい構造になっています。この新素材、今や一部に使うのでは無く。。





この素材自体でPCを作っちまっていますw コレ、何ども触りましたけどペラッペラです。
500dナイロンが重く感じるほどの軽量化。プレートは下部から挿入。
Molle対応ポーチ類はそのまま装着可能です。水捌けもイイでしょうねw





こりゃリグなんですけど、
なんかセクシーグラビアアイドルが着るギリギリ水着みたいです。

従来の100d装備ももちろんやってますが結構芸コマです。


単なるチェストに見えますが。。


フロントスプリットで
ZIP位置をオフセットしています。この系統のジッパーって非常に操作しにくいんですが。。。


このように樹脂製内蔵のタブが配置されてます。タブをメス側に入れるとZIPの位置が定まり非常に操作性が良くなります。
あふりか実際にこのトルソーで脱着しましたが超簡単でした。
Crye Precisionは相変わらず野心的な製品を開発していますねぇ。

クライのブースで見かけた新素材、注意してみますと他のメーカーでも
使用が始まっているのに気づきます。


ブース名忘れました。
タムヤンが喜びそうなラペリング用装備イッパイのトコです。
このベストもナイロン生地に新素材を縫製しています。







これも1000dナイロンとのハイブリッド。
表面にベルクロが縫製されていたりMolleスリットの間隔を詰めてアイテム装着範囲を広げています。


既存のナイロンポーチとの相性も良さそうです。なにしろ軽い。



コチラは柏木さんも好きなファーストスピア。
ウリはカマーバンド、ショルダーストラップに使用している樹脂製の連結具で
非常に脱着が楽で確実。ですが素材ばかり見てましたw


ココが面白いのはポーチ類の装着方法。
既存の1000d系装備だとプレート出して裏からMolleストラップを留めるなんてムリですが
新素材の場合薄くて柔らかなんで可能なんです。そしてMolleストラップは新型ベルクロで
固定します。


一見頼りない感じ。「取れちゃわない?」の問いに
スタッフが引っ張ってもイイよって事だったんで思い切りヤリましたがビクともしませんでした。
素材自体もスリット部分から裂けちゃうんじゃないかと思いましたが引っ張る手の方が痛かったw



コチラは難燃製素材を新たに開発したメーカーで
引火しても燃焼速度が遅く、肌に張り付く事が無いアパレルの製造をやってます。
このコンバットシャツも難燃性素材で作られています。面白いのが非常に通気、速乾性の
良いパッドを胸部に内蔵可能。PC装着時に非常に快適だそうです。



こちらはやはり新しい素材で作られたハードプレート。
AKで使用する7.62×39弾のマルチヒット(10発命中)でも割れません。そして。。。





水に浮きますw


って感じで新素材系装備を柏木さん向けにレポートしましたw

ほんじゃ!  

Posted by あふりか屋 at 20:00Comments(2)あふりか道リターンズ

2012年02月03日

2012SHOT SHOWメディアデイ3





ハイ!あふりかです。
寒くて動きが緩慢ですw

さて、毎晩続いております2012ショットショウメディアデイの様子ですが
本日最終でございます。

長い坂を登りましてたどり着いたのは主にプレシジョンライフル系のブースが
並んでいますレンジ。結構デカい音が鳴り響いています。






結構女性も多くて積極的に試射していました。

なんと言っても最初に目を引いたのがバレットです。
50calを撃つ機会は滅多にありませんから当然列にならんでワクワクしながら
順番を待ちます。



レンジにあったのはブルパップボルトアクションのヤツね。
名前なんだか忘れたw
これはイヤプロテクターしてても音がデカくて撃つたびにドキッてしました。

いよいよ次はあふりかの番って時に、なにやらスタッフがガシャガシャと
やっています。なんかアクションがギコチないような。。。

「ソーリー、ニード クリーニング」

あーそーかよ、もう撃たね!w

次に吸い寄せられるように行ったのが。。




Ashbury International Group, Inc.




以前SATマガジンでも特集が組まれた新鋭のプレシジョンライフル。



奥が308、手前が338ラプアです。






このデカいおっちゃんが非常に親切に説明してくれましたが
あふりか英語がチンプンカンプンw


Ashbury International Group, Inc.では既存のアクションを搭載するストックの製造販売から
コンプリートカスタムの製作も行なっていて。。



手前に並んでいるレシーバーは厚みを増したカスタムで
こうする事で強度を高め、リコイルのショックもマイルドになるそうです。



こちらは308。あふりかはジッと待ちまして。。



338ラプアを撃たせてもらいました。
ターゲットは480yrd先のメタルシルエットのバッファロー。
かなりの横風が吹いていて
「ハナサキヲネラエ」とアドバイスされていたんですが、ドッチが鼻かわからず
逆リードとってしまい全てターゲットの20cm右に逸れましたw
驚いたのはスコープの解像度の良さと外れた弾が巻き上げる砂煙の大きさ。
こんなので狙われたら。。。この時初めて実銃撃ってて怖いって感じました。
反動はブースのおっちゃんが言うとおり凄くマイルド。
308に慣れた射手であれば違和感は無いと思います。

とにかくこの一角はターゲットが遠いので。。


ブースのスタッフがスポッターをやってくれてまして、
弾着確認も非常に正確。Magpulの新DVD プレシジョンライフルにも出てくる
スポッティングスコープがズラズラ出てきて、あふりかはそっちも気になって
仕方ありませんでした。




プレシジョンライフルブースを抜けて丘のテッペンに行くとショットガン撃ってる
ブースがありましたがスキートだったんでパスw

ブローニングのブースを見て隣の食堂で昼食。
ビュッフェ式でこれでもかってただ飯が並んでました。
隣にあったのが。。。


巨大なブローニングのバルーン。
アメリカの銃器業界はスゲーナーと思いながら帰路に着きます。



もうこの頃はクタクタw


会場スタッフが乗り回すカートが羨ましくて仕方なかったw

以上でメディアデイは終了です。

ほんじゃ!

  

Posted by あふりか屋 at 20:00Comments(0)あふりか道リターンズ

2012年02月02日

2012SHOT SHOWメディアデイ2





ハイ!あふりかです。

毎日毎日寒いでやんすねぇ。
神経痛出ちゃいそうですw

さて、昨晩に引き続き2012ショットショウ メディアデイで
ぶっ放しましたテッポーのお写真を並べたいと思います。

パクり名称のブースの次に訪れましたのは
ライトで有名なシュアファイアブース。日本ではライトばかりが
注目されてますがシュアファイアはカービン用のレイルシステムや
高性能なサプレッサーの製造販売でも知られています。
太陽模型に置きっぱなしのあふりかのAKにもシュアのレイルが装着されてますw



会場では無料でアイセーフティとイヤプラグが
配られていましたが自前イヤプロテクターを持ち込んでる人も一杯いました。
が、ココはイヤプロテクターが全く必要では無い感じ。M4は「パシューーン」て感じ。
しっかし308は流石にそうはイカンだろうと思ってました。
海兵隊御用達M40A3


が、やっぱいりませんでした。
308は「ンッバーーン」って感じ。
あふりかはバックパックやらカメラやら身に付けたまんまだったんで、
ブースの人に「シッティングでイイか?」って聞いたら
「んん〜マイイヨ」って感じ。そんじゃぁって構えたら、これが重いのなんのw
フォールドするのが精一杯でトリガー引くのに神経割けませんでした。
故にどこに着弾したか全然分からずw スナイパーは腕力も必要ですし、
なんかのゲームみたいにコレ持ってスタコラスタコラ走るなんてムリゲーですw

シュアブースにはコレもありました。


MAG5-60&MAG5-100
M4用60&100rdsマガジン。快調みたい。


この作りはTUFFじゃないよなぁ。

途中、UZIの姿が見えて吸い寄せられます。
ローデシア、南アコスの頃のメインアームですからねぇw


コレ、22LRへのコンバージョンキット組んでて
サプレッサー付きなんでまるでモデルガン撃ってるみたいでしたが、
思い入れのあるUZIが撃てて幸せなあふりかw


お次はHKブース。
ここではHK416、HK417が撃てるって言うんで

HK417撃たせぃぃぃ!ってなりますw


LEMサプライ ヤダPさん




トモさんはスタンディングでもバカバカ当てていてブースの人がブラボーと言ってましたw
で、あふりか。

ターゲット200yrdくらいだったんですけど当たります、ヘッドにw
思わずGUNNER 1stのように

「当たるw」とつぶやくあふりかでした。

他にも撃ってはいたんですが、もうこの頃結構ヘトヘトw
写真の数もめっきり減ります。しかし、この道の先には

大口径、プレシジョンライフルブースが待っています。



坂がキチぃよぉぉぉと言いながら登るあふりか。

続きはまた明日。

ほんじゃ!  

Posted by あふりか屋 at 20:00Comments(0)あふりか道リターンズ

2012年02月01日

2012SHOT SHOWメディアデイ


最後にコメントします。

ハイ!あふりかです。

今回は2012SHOT SHOW メディアデイで見てきたテッポーをご紹介します。
この日はベガス郊外にあります特設レンジにて各メーカーによる試射が行われました。

駐車場からレンジブースまでこんな感じで歩いていきます。
そこら中、Military morons氏みたいな格好の人が歩いてます。
まるでタクティカルウエアの展示会ですw

あふりかもTAD GEARステルスジャケットにEOTACタクティカルパンツ、
背中には5.11RASH24、頭にT1Gキャップ、腰にはもちろん
タクレットNとキメキメで参加ですw
タクレットNはコインケースをIDケースに変更、これが5日間通して非常に便利でした。
ID確認するセキュリティも「おっw」とした顔してました。



受付前の風景。群集を撮影するトモさんを撮影するあふりかw



会場入口すぐにあったのがGlock USAのブース。
「端っこから見ましょう」と決めてたんですが、みんなあふりかの方を振り返り、
「弾なくなると撃てないから先に見ましょうか?w」とグロキチのあふりかを気遣ってくれましたw
ってかココでは45ACPしか撃てなくて写真とってないんだよねw

そーいやガニー軍曹ことリー・アーメイさんってグロックのイメージキャラやってんのねw



しっかり本人もいましたw



次に立ち寄ったのが日本でも東京マルイからXDMが発売されて話題となったSpringfiled。
この日はXDMの3.3inchバレルバージョンXD-Sがお披露目でした。
これは45ACPのバージョンでキックの強い事。
でも、前日に撃たせてもらった945コンパクトよりはマイルドな撃ち味。



ようやく一番端っこのブースに到着。
M4系のカスタムやってるところでコレ発見。
あふりかのVFC GBB M4と同じTroy BattleRail TRXがついてるやつ。
トラビスも最近コレ付けてます。これが軽くてねぇ。凄く取り回しやすかった。約15yrd先の
メタルターゲット2枚に振りながらダブルタップしたんですけど軽やかでした。
ってかコレがあふりかの初M4撃ちですw まさか自分が持ってるエアガンと同じ仕様のM4を
初めて撃つとは思っていませんでした。

次のブースではAKを撃ってました。
一時、あぶとまっ党を名乗っていましたあふりかです。撃たずにはおれませんw



自分が撃ってる画像が手元に無いんでトモさんのを。
ウリはレシーバーカバーに乗っかったマウントです。
リアサイトと交換してレシーバーカバーにボルトオンするタイプ。ダットのラインが低くて非常に狙いやすいマウントでダットサイトを外せば固定リアサイトでサイティング可能。
ただこのAK、どこ製か確認しませんでしたが木製フォアアームがエラく加熱して火傷しそうでした。
トモさん素手だったんで相当熱かったと思います。あふりかはSWMS Ventグローブしてましたが
それでも最後は持っていられなかった。

マウントはこんな感じ





で、このブースに面白いAKがありました。




ガスパイ部分にコッキングレバーを追加してます。一時ライトニングとか話題になりましたよねぇ。でもコレ加熱したら触れないんじゃねぇ?w

まぁナカナカイイ製品ではあります。で、ドコが作ってるんだろうと確認すると。。。



。。。。。ココデアッタガヒャクネンメ!!

以前、ココ見つけたんですよね。パラ☆ラム時代に。。。
もろパクりやんかw 少しお金よこしなさいw
まぁもうオレあふりか屋だしぃ〜知らねぇしぃ〜w

って事で明日に続きます。

ほんじゃ!  

Posted by あふりか屋 at 20:00Comments(0)あふりか道リターンズ